落語評論はなぜ役に立たないのか

広瀬和生 著

「昭和の名人」の時代から現在の"落語ブーム"までの歴史を追い、落語の本質と評論の役割を考察する。特別付録「落語家」「この一席」私的ランキング2010。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 落語とは何か(「落語とは何か」を考える必要は無い
  • 落語は文学ではない
  • 演目は「素材」に過ぎない
  • 「古典」という言葉の中に込められた美意識
  • 新作落語は邪道ではない
  • 「古典を守る」という欺瞞
  • 落語ブーム前夜
  • パラダイム・シフト
  • 現在の落語界)
  • 2章 落語評論家とは何者か(落語評論は何のためにあるか
  • 「落語通」とは何者か
  • 「アンチ談志」がもたらした弊害
  • 「アンチ談志」から「アンチ立川流」
  • 落語評論家に「芸談」は語れない
  • 上手い芸とは何か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 落語評論はなぜ役に立たないのか
著作者等 広瀬 和生
書名ヨミ ラクゴ ヒョウロン ワ ナゼ ヤク ニ タタナイノカ
書名別名 Rakugo hyoron wa naze yaku ni tatanainoka
シリーズ名 光文社新書 511
出版元 光文社
刊行年月 2011.3
ページ数 201p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03615-7
NCID BB05265921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21911587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想