山と森の環境史

湯本貴和 編 ; 池谷和信, 白水智 責任編集

[目次]

  • 第1部 山地の自然史(東北日本の山地地形と山村
  • 生物多様性と人間の森林利用
  • なぜクマ、カモシカ、サルは東北で生き延びたか)
  • 第2部 藩政期における多様な山地利用の変遷と社会制度(近世山村の変貌と森林保全をめぐる葛藤-秋山の自然はなぜ守られたか
  • 巣鷹をめぐる信越国境地域の土地利用規制
  • 猟師鉄砲の地域格差-仙台藩を中心として
  • マタギ文書の特質-九州狩猟文書との比較から
  • 盛岡藩牧の維持と狼駆除-生態系への影響)
  • 第3部 明治以降における山地の自然資源利用の変遷(近代山村における多様な資源利用とその変化-北上山地の野生動物の減少と山村の暮らし
  • 東北地方のニホンザルの分布変遷と人の暮らし
  • とうほく・中部地方山岳地帯に残存する大型獣用罠の技術的波及をめぐって
  • 木工品製作の変遷と山地資源-秋山郷の木鉢製作を中心に
  • 近代における林野利用と山村の生業-長野県旧堺村の部落有林野統一事業をめぐって)
  • 第4部 現在の森林、動物、人間(秋山郷における山菜・きのこ利用の変遷と採集活動
  • 木材資源利用から見た森林環境の変化とシカ
  • 現代山村における資源利用と獣害)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山と森の環境史
著作者等 三戸 幸久
井上 卓哉
伊沢 紘生
佐々木 明彦
小山 泰弘
岡 惠介
村上 一馬
永松 敦
池谷 和信
湯本 貴和
田口 洋美
白水 智
荒垣 恒明
菊池 勇夫
西崎 伸子
辻野 亮
長谷川 裕彦
関戸 明子
書名ヨミ ヤマ ト モリ ノ カンキョウシ
シリーズ名 シリーズ日本列島の三万五千年-人と自然の環境史 第5巻
出版元 文一総合
刊行年月 2011.3
ページ数 381p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8299-1199-0
NCID BB05259838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21929027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想