シャカイ系の想像力

中西新太郎 著

ライトノベル作品に氾濫する奇妙で特徴的なイメージ群。そこには、若者たちの意識、感覚、イマジネーションを探る重要な手がかりがある。日本社会の「いま」を窮状ととらえ、そこで生きるがゆえに、韜晦のスタイルをとらざるをえない若者たちの、不思議な抵抗の姿を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 若者文化の「いま」を知る(若者向けポピュラー・フィクションのつくり手と受け手
  • 若者にとっての現代とは
  • 分岐する「若者」)
  • 2 自省と独断と-ライトノベルの世界(ライトノベルの系譜を探る
  • 青春小説及び境界領域の作家たち
  • 留保-韜晦の話法
  • 「俺様主義」の魅力)
  • 3 死と生をめぐるイミジェリ(共有される心象
  • 孤立のかたち
  • 透明な自己のアンビヴァレント
  • 死んでいる私達には何よりも生きる目的が必要だ
  • 他者という謎/空洞化する親密圏
  • 親密圏を浸蝕する「社会」)
  • 4 「平凡なうちら」が築く友愛(社会のよそよそしい威力
  • 生きづらさからの脱出という主題
  • 「でもね…」-無力を社会に投げ返す
  • 醒めた絶望が育む同盟
  • 普通の人生を選びとる意志)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シャカイ系の想像力
著作者等 中西 新太郎
書名ヨミ シャカイケイ ノ ソウゾウリョク
シリーズ名 若者の気分
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.3
ページ数 162p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028453-0
NCID BB05258981
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21922040
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想