近世の「家」と家族 : 子育てをめぐる社会史

太田素子 著

近世社会ではすべての階層で、「家族」を営むことが理想とされるようになった。本書は、農家・町人・武家などの地方と都市の生活記録から子育ての多様な実態を探り、後継者育成に真剣に向き合う時代と社会の姿を明らかにする。子どもに対する理解力、親子に温かく関わる周囲の人々の様子は、失われつつある文化遺産ともいえよう。近世の家族関係を比較発達社会史の視座から見つめ、現代社会が、伝統的な子育て文化の何を受け継ぎ、何を超えてゆくのかについて考察した意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 家族と子どもの近世
  • 第2章 子育て書の教育意識
  • 第3章 「家」継承のための子育て
  • 第4章 農村の人口問題と少子化
  • 第5章 子宝意識と農村の子育て
  • 第6章 都市の子ども文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世の「家」と家族 : 子育てをめぐる社会史
著作者等 太田 素子
書名ヨミ キンセイ ノ イエ ト カゾク : コソダテ オ メグル シャカイシ
書名別名 Kinsei no ie to kazoku
シリーズ名 角川叢書 52
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2011.3
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-702152-5
NCID BB05251133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21916204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想