在宅看護論

福島道子, 河野あゆみ 編著

[目次]

  • 在宅看護の目的と理念
  • 在宅看護の歴史と変遷
  • 在宅看護の対象としての家族
  • 在宅看護をめぐる法制度と社会資源
  • 在宅看護の役割と機能
  • 在宅看護過程
  • 基本的な生活を支える看護技術
  • 療養を支える看護技術
  • 患染症対策とリスクマネジメント
  • 要介護高齢者に対する在宅看護
  • 認知症をもつ人に対する在宅看護
  • 精神障害をもつ人に対する在宅看護
  • 在宅ターミナルケア
  • 病院と家庭をつなぐ退院支援
  • 在宅ケアの連携とケアマネジメント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在宅看護論
著作者等 河野 あゆみ
福島 道子
書名ヨミ ザイタク カンゴロン
シリーズ名 放送大学教材
出版元 放送大学教育振興会
刊行年月 2011.3
版表示 新訂.
ページ数 267p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-595-31265-6
NCID BB05250458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21913934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想