トコトンやさしいゴムの本

ゴムと生活研究会 編著 ; 奈良功夫 監修

16世紀、ゴムの木の樹液を加工することで自在に伸びたり縮んだりする天然ゴムが誕生しました。その後、加工技術の進展とともに普及は急速に進み、やがて、使用用途に合わせた合成ゴムも作られるようになり、今やゴムは私たちの生活に欠かせないモノとなっています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ゴムっていったいなんだろう
  • 第2章 ゴムにはいろいろな秘密がある
  • 第3章 人工的に使用目的にあったゴムをつくる
  • 第4章 広がるゴムのいろいろな使い道
  • 第5章 ゴム用途の"代表"タイヤには多種多様のものがある
  • 第6章 変わりゆくゴム市場とゴム業界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トコトンやさしいゴムの本
著作者等 ゴムと生活研究会
奈良 功夫
書名ヨミ トコトン ヤサシイ ゴム ノ ホン
シリーズ名 今日からモノ知りシリーズ
B&Tブックス
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2011.3
ページ数 159p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-526-06661-0
NCID BB05234586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21911632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想