高度成長の時代  3 (成長と冷戦への問い)

大門正克 他編

冷戦構造を背景に、年平均10%という経済成長のなかで大変貌を遂げた日本社会。農村や川崎のスラム街、沖縄、労働者家族と女性、育児・保育、ウーマンリブ、文化運動など、さまざまな経験を描き、その歴史的特質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 変貌する地域(二つの農村
  • "周辺"層と都市社会-川崎のスラム街から
  • 生き続ける学校-荒川区立日暮里中学校の開校後一〇年の経験
  • 占領下沖縄における成長と壊滅の淵)
  • 第2部 多様化する暮らしと思想(高度成長期前夜における労働者家族のジェンダー関係の構築-日鋼室蘭争議を事例として
  • 松田道雄と集団保育の"発見"-一九六〇年代の保育運動のなかで
  • 扉を開いた女性たち-女性正規雇用者の軌跡
  • ウーマン・リブ-近代家族の完成と陥穽
  • 高度成長と文化運動-労音運動の発展と衰退)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高度成長の時代
著作者等 中村 広伸
佐藤 隆
加藤 千香子
千田 有紀
和田 悠
大槻 奈巳
大門 正克
岡田 知弘
平塚 眞樹
柳沢 遊
永江 雅和
進藤 兵
高岡 裕之
鳥山 淳
書名ヨミ コウド セイチョウ ノ ジダイ
書名別名 成長と冷戦への問い
巻冊次 3 (成長と冷戦への問い)
出版元 大月書店
刊行年月 2011.3
ページ数 364p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-52093-0
NCID BB0523311X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21915470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想