冗長性から見た情報技術 : やさしく理解する原理と仕組み

青木直史 著

情報圧縮は、情報の冗長性を削り取ることです。正しく送るためにあえて冗長な情報を付け加えるのが、誤り訂正のためのデータです。このように、情報の冗長性という視点で情報技術とその基礎になる情報科学をやさしく解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 情報の冗長性
  • 情報の表現
  • マルチメディア
  • 情報の圧縮
  • インターネット
  • 情報の誤り訂正
  • ステガノグラフィ
  • 電子透かし
  • 情報の互換性
  • 感覚の隙間
  • 生体の冗長性
  • 情報の多義性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冗長性から見た情報技術 : やさしく理解する原理と仕組み
著作者等 青木 直史
書名ヨミ ジョウチョウセイ カラ ミタ ジョウホウ ギジュツ : ヤサシク リカイスル ゲンリ ト シクミ
書名別名 Jochosei kara mita joho gijutsu
シリーズ名 ブルーバックス B-1719
出版元 講談社
刊行年月 2011.3
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257719-9
NCID BB05232387
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21921050
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想