国会議員の仕事 : 職業としての政治

林芳正, 津村啓介 著

国会議員の仕事とはどのようなものだろうか。言うまでもなく、国会議員は私たち有権者が選挙で投票することによって存在している。では、私たちは彼らに何を期待し、何を託しているのだろうか。そこに齟齬はないか。本書は二人の現役国会議員が、その来歴と行動を具体的に記すことにより、政治家の仕事とは何か、そして、混迷する現代日本を変えていくために何が必要かを明らかにする試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 国会議員になるまで(林芳正〜1995
  • 津村啓介〜2003)
  • 2 国会議員の仕事と生活(林芳正1995〜2006
  • 津村啓介2003〜2006)
  • 3 小泉政権から政権交代へ(林芳正2006〜2009
  • 津村啓介2006〜2009)
  • 4 政権交代後の一年(林芳正2009〜
  • 津村啓介2009〜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国会議員の仕事 : 職業としての政治
著作者等 林 芳正
津村 啓介
書名ヨミ コッカイ ギイン ノ シゴト : ショクギョウ ト シテノ セイジ
シリーズ名 中公新書 2101
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.3
ページ数 284p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102101-4
NCID BB05221449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21935602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想