民主政の不満 : 公共哲学を求めるアメリカ  下 (公民性の政治経済)

マイケル・J.サンデル 著 ; 小林正弥 監訳 ; 千葉大学人文社会科学研究科公共哲学センター 訳

コミュニタリアニズム的共和主義。アメリカの政治経済とその公共哲学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第5章 初期共和国における経済論と美徳
  • 第6章 自由労働対賃労働
  • 第7章 共同体、自己統治、革新主義的改革
  • 第8章 リベラリズムとケインズ革命
  • 第9章 手続き的共和国の勝利と苦悩
  • 結論 公共哲学を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民主政の不満 : 公共哲学を求めるアメリカ
著作者等 Sandel, Michael J
Sandel, Michael J.
千葉大学大学院人文社会科学研究科公共哲学センター
小林 正弥
千葉大学人文社会科学研究科公共哲学センター
サンデル マイケル・J.
書名ヨミ ミンシュセイ ノ フマン : コウキョウ テツガク オ モトメル アメリカ
書名別名 Democracy's discontent

公民性の政治経済
巻冊次 下 (公民性の政治経済)
出版元 勁草書房
刊行年月 2011.3
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-10197-9
NCID BB05216380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21915691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想