愛と情熱の日本酒 : 魂をゆさぶる造り酒屋たち

山同敦子 著

「味」と「質」で驚くべき発展を遂げ、いまなお進化し続けている日本酒。その創造の裏にはドラマがあり、造り手の熱い思いがある。喜久醉、醸し人九平次、凱陣、王祿、奥播磨、十四代、飛露喜、秋鹿、磯自慢…いまやその名が世界に轟く銘酒の、造り手たちを丹念に取材したルポルタージュ。蔵元をめぐって25年の著者が綴る、愛と涙の銘酒物語。著者厳選、最新版「おすすめ114銘柄リスト」付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 「喜久醉」青島孝-ふるさとの米と水で醸す甘露なる一滴
  • 第2話 「醸し人九平次」久野九平治-世界を舞台に闘うデッカイ男の酒
  • 第3話 「凱陣」丸尾忠興-ただ独りで醸す"日本酒"を超えた日本酒
  • 第4話 「王祿」石原丈径-神々の故郷、出雲で挑む魂の酒造り
  • 第5話 「奥播磨」下村裕昭-大人の色気漂う燻し銀の名酒
  • 第6話 「十四代」高木顕統-日本酒新時代の誉れ高きプリンス
  • 第7話 「飛露喜」廣木健司-若々しさ漲る次世代型の味わい
  • 第8話 「秋鹿」奥裕明-米からの「一貫造り」が生む稀代の食中酒
  • 第9話 「磯自慢」寺岡洋司-輝き続ける日本酒界永遠のスター
  • 蔵元の情熱を味わうこの一献-シーンと料理で選ぶ114本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愛と情熱の日本酒 : 魂をゆさぶる造り酒屋たち
著作者等 山同 敦子
書名ヨミ アイ ト ジョウネツ ノ ニホンシュ : タマシイ オ ユサブル ツクリザカヤタチ
書名別名 Ai to jonetsu no nihonshu
シリーズ名 ちくま文庫 さ32-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.3
ページ数 381p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42815-8
NCID BB05211853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21922715
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想