戦前昭和の社会1926-1945

井上寿一 著

「大学は出たけれど」、新興宗教ブーム、10銭均一売り場…「暗い時代」の明るい日常生活。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 昭和の大衆消費社会(デパート-大衆消費社会の象徴
  • アパート-戦前昭和の縮図
  • 映画-スクリーンの向こうのアメリカ
  • 家庭電化製品という希望)
  • 2章 昭和の格差社会(モダンガールの登場
  • モダンボーイ-新中間層の苦闘
  • プロレタリア文学と大衆
  • 「エロ・グロ・ナンセンス」)
  • 3章 格差是正の試み(立ち上がる農民-雑誌『家の光』の世界
  • 「婦人」の登場
  • 新しい労働者
  • 新興宗教の興隆)
  • 4章 カリスマ待望と戦争(ラジオと戦争
  • エプロンからモンペへ
  • 写真壁新聞というメディア
  • ファシズムへの共感)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦前昭和の社会1926-1945
著作者等 井上 寿一
書名ヨミ センゼン ショウワ ノ シャカイ 1926 1945
シリーズ名 講談社現代新書 2098
出版元 講談社
刊行年月 2011.3
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288098-5
NCID BB05210613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21914669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想