東大が倒産する日

森毅 著 ; 豊田充 聞き手

二十世紀末、国立大学の独立行政法人化を前に「大学の未来像」について行った計十七時間のインタビュー。そこで語られた言葉は、二十一世紀に入り十年以上が経過した今も日本の大学教育や教員、学生への新鮮な指摘を含んでいる。教育に関心のあるすべての世代に贈る"森名言集"。-「カシコに教わるくらいアホでもできるがな。アホから教われるのが本物のカシコ」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いいやないの、民営化-安定は停滞を生む
  • 2 課題自体がわからんのが課題探究や-制度依存との矛盾
  • 3 国立やからと思ってたら堕落する-これからの大学
  • 4 ソフトな学力が落ちている-当世学生事情
  • 5 おしゃべりが文化を育てる-大学と学生街
  • 6 日本のあり方とかかわって-大学論の変遷
  • 教養主義が産んだ知性の輝き-森さんとのインタビューを偲んで(豊田充)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東大が倒産する日
著作者等 森 毅
豊田 充
書名ヨミ トウダイ ガ トウサンスル ヒ
シリーズ名 ちくま文庫 も4-13
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.3
ページ数 301p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42800-4
NCID BB05209840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21922714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想