ヴィクトリア朝の昆虫学 : 古典博物学から近代科学への転回

ジョン・F.M.クラーク 著 ; 奥本大三郎 監訳 ; 藤原多伽夫 訳

蒐集と偏愛の博物学が全盛を迎え、階級社会が栄華をきわめたヴィクトリア朝の英国は、ダーウィニズムと宗教との軋轢やフランス革命の余波に揺れる変革の時代でもあった。そんななか、近代昆虫学はいかに「科学」として確立していったのか?帝国主義による採集地域の拡大、農業利益の追求や社会モデルとしての生態研究など、言及される機会が決して多くはなかった挿話の数々を、当時を物語る数十点のユニークな稀少図版とともに詳述する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに
  • 2 昆虫の政治学
  • 3 昆虫の心をめぐる議論
  • 4 ハチとアリ
  • 5 社会性昆虫-科学と宗教の決別
  • 6 ダーウィンと昆虫学者たち
  • 7 コロラドハムシ
  • 8 女性の昆虫学者
  • 9 昆虫と大英帝国
  • 10 イエバエ
  • 11 おわりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴィクトリア朝の昆虫学 : 古典博物学から近代科学への転回
著作者等 Clark, John F. M
Clark, John F. M.
奥本 大三郎
藤原 多伽夫
クラーク ジョン・F.M.
書名ヨミ ヴィクトリアチョウ ノ コンチュウガク : コテン ハクブツガク カラ キンダイ カガク エノ テンカイ
書名別名 Bugs and the Victorians
出版元 東洋書林
刊行年月 2011.2
ページ数 335p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88721-785-0
NCID BB05209396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21904030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想