有岡利幸 著

法隆寺や東大寺、伊勢神宮など、この木材でなければ長命を保てなかったと言われる。わが国の「木の文化」に重要な役割を果たしてきた樹木の生態から加工までたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヒノキとはこんな特徴をもつ樹木
  • 第2章 日本文化黎明期のヒノキ
  • 第3章 建築材としてのヒノキの需給事情
  • 第4章 伊勢神宮式年遷宮用材と御杣山の変遷
  • 第5章 最良のヒノキ材を産出する木曽山をめぐる歴史
  • 第6章 木材工芸に最適なヒノキ材
  • 第7章 ヒノキ造りの百万塔と仏像
  • 第8章 植物性屋根葺き材としての桧皮
  • 第9章 ヒノキのブランド材を生産する林業地
  • 第10章 ヒノキの年輪は記録し、そして語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 有岡 利幸
書名ヨミ ヒノキ
シリーズ名 ものと人間の文化史 153
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2011.3
ページ数 312p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21531-5
NCID BB05207200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21940912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想