朝鮮通信使の足跡 : 日朝関係史論

仲尾宏 著

[目次]

  • 第1部 室町時代と壬辰倭乱期の日朝交流(朝鮮王朝初期の日本事情探索と対日認識-「通信使」の登場まで
  • 朝鮮前期の日朝外交と京都五山-天龍寺と李藝などの事跡を中心に ほか)
  • 第2部 江戸時代の日朝交流(江戸時代知識人の壬辰倭乱批判-貝原益軒と乳井貢の場合
  • 朝鮮国礼曹参判書契の所存と伝世-久世家旧蔵新出史料を中心に ほか)
  • 第3部 朝鮮通信使の残した文化財と足跡(伏見稲荷とオランダ人・朝鮮人、そして朝鮮通信使人形
  • 今市(日光市)の客館跡碑 ほか)
  • 特論 尹東桂のいた頃の同志社

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朝鮮通信使の足跡 : 日朝関係史論
著作者等 仲尾 宏
書名ヨミ チョウセン ツウシンシ ノ ソクセキ : ニッチョウ カンケイシ ロン
書名別名 Chosen tsushinshi no sokuseki
出版元 明石書店
刊行年月 2011.3
ページ数 281p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-3354-0
NCID BB05205792
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21911462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想