エネルギー効率から見た日本の農業地域

仁平尊明 著

現代の農業では、農薬・化学肥料などの化学製品やトラクターなどの農業機械が大量に使用され、莫大な化石燃料エネルギーが消費されている。一方で、農業から産出する食料エネルギーが減少し、農業のエコロジカルな効率性を大きく低下させてきている。本書は、作物生産のエネルギー効率がいかに変化してきたかを、日本全国の特色ある5つの地域を丹念に調査することによって解明した画期的な書である。エネルギー効率低下の要因を時間的・空間的に考察した、農業関係者必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 農業のエネルギー効率とその時間的・空間的変化(農業のエネルギー効率
  • 投入・産出エネルギー比の算定
  • 投入・産出エネルギー比と日本の農業地域
  • 関東地方における作物栽培のエネルギー効率の変化)
  • 第2部 農業のエネルギー効率と作物産地(施設園芸-千葉県旭市における施設野菜
  • 露地野菜-長野県真田町菅平における高冷地野菜
  • 果樹園芸-山梨県笛吹市一宮町におけるももとぶどう
  • 水稲・大麦・かんしょ-茨城県ひたちなか市における加工用かんしょ
  • 小麦・豆類・ばれいしょ・てんさい-北海道帯広市における大規模畑作)
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エネルギー効率から見た日本の農業地域
著作者等 仁平 尊明
書名ヨミ エネルギー コウリツ カラ ミタ ニホン ノ ノウギョウ チイキ
書名別名 Enerugi koritsu kara mita nihon no nogyo chiiki
出版元 筑波大学出版会 : 丸善出版
刊行年月 2011.3
ページ数 316p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-904074-18-3
NCID BB0520363X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21912311
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想