宝塚ファンの社会学 : スターは劇場の外で作られる

宮本直美 著

100周年を目前に控え、親子3代のファンをもつ宝塚歌劇団。ファンは劇場前で入り待ち・出待ちをして、ひいきのスター・生徒を見に同じ公演に何度も通い、お茶会にも参加する。ファンクラブの組織形態、チケットの確保と配布、統制がとれた拍手、ガードの実際、会服とグッズなどのファンクラブの実情をわかりやすく解説し、ファンの側がファンクラブの活動をどう捉えているかも丁寧に紹介する。いい席をめぐるファン同士の駆け引きやスター・生徒へのさまざまな距離感も描きながら、非合理に見えるファンの行動がきわめて合理的に成り立っていてある「秩序」を形成していることを明らかにする。ファンがスターを作る過程に迫るファン文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 宝塚歌劇団の転換-一九九〇年代から二〇〇〇年代へ
  • 第1章 宝塚スターシステムとファンクラブ
  • 第2章 ファンクラブの活動内容-ファンクラブ側から見て
  • 第3章 ファンクラブ会員の役割-ファン側の視点
  • 第4章 舞台と客席をつなぐファンクラブ
  • 第5章 ファンクラブの意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宝塚ファンの社会学 : スターは劇場の外で作られる
著作者等 宮本 直美
書名ヨミ タカラズカ ファン ノ シャカイガク : スター ワ ゲキジョウ ノ ソト デ ツクラレル
書名別名 Takarazuka fan no shakaigaku
シリーズ名 青弓社ライブラリー 68
出版元 青弓社
刊行年月 2011.3
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7872-3326-4
NCID BB05201419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21915002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想