患者の権利と医療の安全 : 医療と法のあり方を問い直す

岩田太 編著

医療専門家に求められる倫理と法の役割とは。国内外における医療倫理と法をめぐる議論を概観しながら、理論的・歴史的研究を行う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 医療と法を考える-5つの具体的な事例から
  • 第1部 患者のための医療を考える(患者の権利と法の役割
  • 同意能力のない子に対する親の治療拒否をめぐる対応-医療ネグレクトへの介入
  • 似て非なる「日本式インフォームド・コンセント」を超えるために)
  • 第2部 様々な課題-医療へのアクセス、国際化、先端医療(医療へのアクセスとアメリカの医療保険改革法の成立
  • 医療通訳の普及に向けて-外国人患者の権利保護の視点から
  • 渡航医療(メディカルツーリズム)と国際規制について
  • 死体に対する遺族の権利について
  • 医学研究における医療情報の保護
  • 医療機器と医薬品に関連する製造物責任
  • 医学と利益相反-近年のアメリカ法の動向)
  • 第3部 医療事故からの克服を目指すために(患者の遺族に対する医師の説明義務
  • チーム医療における説明義務
  • 産科医療補償制度に見る日本の医事紛争解決システムの方向性
  • 医療事故、Open Disclosure、謝罪-法はいかに被害者と「加害」医療者を支援すべきか
  • ニュー・ジーランドに学ぶ医療紛争の解決のあり方
  • 医療安全・医事紛争の10年をふりかえって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 患者の権利と医療の安全 : 医療と法のあり方を問い直す
著作者等 岩田 太
書名ヨミ カンジャ ノ ケンリ ト イリョウ ノ アンゼン : イリョウ ト ホウ ノ アリカタ オ トイナオス
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2011.2
ページ数 365p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05958-4
NCID BB05183099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21908615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想