自分とは何か : 「自我の社会学」入門

船津衛 著

[目次]

  • 「自分とは何か」-「自我の社会学」の課題
  • 「鏡に映った自我」-鏡としての他者
  • 自己と他者-自我の社会性
  • 「他者」の二つのタイプ-「親密な他者」と「疎遠な他者」
  • 自我の形成-「役割取得」
  • 「ホモ・ソシオロジクス」-受け身的、消極的「人間」像
  • 相異なる他者の期待-「役割コンフリクト」
  • レッテル貼りされる自我-「ラベリング」
  • 表現する自我/表現される自我-自己表現
  • 変容する自我-ケータイする自分、ネット上の自分
  • 見せる自我/見られる自我-「外見」による自己表現
  • 演じる自我/装う自我-「印象操作」
  • 他者の期待から離れる自我
  • 新しい自我の形成-「役割形成」
  • 物語る自我-自我の構成
  • 創発的に内省する自我-「自我の社会学」の展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自分とは何か : 「自我の社会学」入門
著作者等 船津 衛
書名ヨミ ジブン トワ ナニカ : ジガ ノ シャカイガク ニュウモン
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 2011.3
ページ数 198, 4p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7699-1241-5
NCID BB05181253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21916713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想