日本語研究の12章

上野善道 監修

[目次]

  • ことばと社会
  • 方言の分布
  • アスペクト
  • 日本語の格
  • 名詞と文法
  • 語用論
  • 意味をめぐって
  • 文献の世界から
  • 日本語を教える
  • 対照研究
  • アクセント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語研究の12章
著作者等 上野 善道
書名ヨミ ニホンゴ ケンキュウ ノ 12ショウ
出版元 明治書院
刊行年月 2010.6
版表示 再版
ページ数 516p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-625-43430-3
NCID BB02509429
BB05178962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21798671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
3語からなる複合名詞のアクセント類型 胡世光
「お疲れさまです」をめぐって 羅聖淑
「まじめ」の多義性と経年変化 山中信彦
ことばと社会 外国語から外来語へ 相澤正夫
アクセント 1 石川県白峰方言の複合動詞アクセント 新田哲夫
アクセント 2 付属語のアクセント 児玉望
アスペクト 方言接触から見た存在動詞とアスペクト 工藤真由美
ガ格項の題目化をめぐって 堀川智也
テンス・アスペクトの定義と「シテイル」形式の基本的意味 大場美穂子
与那国方言のアクセントと世代間変化 上野 善道
動詞活用形におけるアクセント交替規則 李連珠
南紀方言における終助詞「ヨ」の意味機能分析試論 大野仁美
単語の意味の新たな変化 中道知子
名詞と文法 日本語の連体修飾表現の類型と特性 加藤重広
外国人生活者の日本語ニーズと語彙の学習 中道真木男
多良間島の3型アクセントと「系列別語彙」 松森晶子
宮古方言における敬語法の記述 西岡敏
対照研究 日英対照否定と否定極性項目 杉浦滋子
形式名詞 前田直子
意味をめぐって 語の意味はどのようなことばで記述できるのか 山田進
愛媛にみるアクセント分布の多様性 清水誠治
文献から言語音の歴史を辿るとは 豊島正之
文献の世界から ロドリゲス文典成立の背景 丸山徹
方言の分布 分布をどう読むか 福嶋秩子
日本語の格 日本語の2種類の「文構成原理」と、「が」の「文構成上の機能」 菊地康人
日本語を教える 日本語教育と音声 御園生保子
朝鮮資料から見た日本語音声 陳南澤
現在進行中の文法変化 山部順治
百科事典的意味とメタファー 籾山洋介
研究史としての「こそあど」 吉田朋彦
言語地図の孤例についての再検討 沢木幹栄
言語地理学と方言生活の現場 中島由美
語用論 ポライトネスと語用論 滝浦真人
韓国語母語話者に対する日本語発音教育のためのパイロット調査 鄭恩禎
鮨を数える助数詞 飯田朝子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想