ベースボールの詩学

平出隆 著

百年以上も前に、ピラミッドをバックネット代りに試合をしたアルバート・スポルディングの世界一周興行。塁間九十フィートを決めたアレグザンダー・カートライト。その距離が、盗塁や併殺のクロスプレイをうみだしてきた…。ベースボールの起源をたどり、詩との同一性を見出す鮮烈な名篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 スポルディングの不埓な遠征
  • 第2章 ホイットマンの白球礼讃
  • 第3章 古代エジプト起源説
  • 第4章 クーパースタウン神話への旅
  • 第5章 失われた野球場を求めて
  • 第6章 ダイアモンドと無限
  • 第7章 短詩型プレイヤー正岡子規
  • 第8章 アメリカ現代詩の豪打と美技
  • 第9章 魂のペッパーゲーム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベースボールの詩学
著作者等 平出 隆
書名ヨミ ベースボール ノ シガク
書名別名 Besuboru no shigaku
シリーズ名 講談社学術文庫 2042
出版元 講談社
刊行年月 2011.3
ページ数 258p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292042-1
NCID BB05177267
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21910743
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想