魯迅 : 東アジアを生きる文学

藤井省三 著

多くの教科書にその作品が採用されている魯迅は、日本で最も親しまれてきた外国の作家の一人である。その生涯を東アジアの都市遍歴という視点でたどった評伝。ハリウッド映画を楽しむ近代的都市生活者として魯迅を描きだしながら、その作品が東アジア共通のモダンクラシックとして受容されてきたことを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私と魯迅
  • 第2章 目覚めと旅立ち-紹興・南京時代
  • 第3章 刺激に満ちた留学体験-東京・仙台時代
  • 第4章 官僚学者から新文学者へ-北京時代
  • 第5章 恋と映画とゴシップと-上海時代(1)
  • 第6章 左翼文壇の旗手として-上海時代(2)
  • 第7章 日本と魯迅
  • 第8章 東アジアと魯迅
  • 第9章 魯迅と現代中国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魯迅 : 東アジアを生きる文学
著作者等 藤井 省三
書名ヨミ ロジン : ヒガシアジア オ イキル ブンガク
シリーズ名 岩波新書 新赤版1299
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.3
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431299-4
NCID BB05175895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21921778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想