世界の出産 : 儀礼から先端医療まで

松岡悦子, 小浜正子 編

この本の情報

書名 世界の出産 : 儀礼から先端医療まで
著作者等 小浜 正子
松岡 悦子
書名ヨミ セカイ ノ シュッサン : ギレイ カラ センタン イリョウ マデ
書名別名 Birth of the World

Sekai no shussan
出版元 勉誠
刊行年月 2011.3
ページ数 334p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-585-23005-2
NCID BB05173222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21915286
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ある妊婦の死の背景-カンボジア 佐藤祥子
つながりの場としての出産-モロッコから考える「産後うつ」 井家晴子
オルタナティブな出産の実践とライフデザイン-アメリカ・スイスを中心に 鈴木七美
リプロダクションの最前線-医療化と商品化 ファッション化する出産-日本 菊地栄
上海女性は帝王切開がお好き?-中国 小浜 正子
代理懐胎のパラドックス-インド 松尾瑞穂
伝統的出産介助者から産後のマッサージ師へ-マレーシアのビダン・カンポンの周縁化 加藤優子
伝統的産婆の役割-パラグアイ 藤掛洋子
出産する女性を支えるシステム-フランス 舩橋惠子
出産に関わる多様な人々-ミャンマー 小黒道子
出産をとり巻くヒトとモノ-ネパール都市部の病院出産 幅崎麻紀子
出産を取り巻くネットワークと多様なケア マタニティーケアの二つのモデル-オランダとアメリカ レイモンド・ドゥブリース, 松岡 悦子
出産体験の記録-韓国 黄貞允
出産現場からの報告-ベトナムとネパールのボランティア経験より 高橋紘美
出産習俗の半世紀-中国農村 何燕侠, 譚娟
医療化する産みの場の環境-タイ 日隈ふみ子, 柴崎宏美
夜型化する社会の赤ちゃん-日本 大日向純子
女性たちの最新出産事情 産婆から医師へ、そして助産師へ-日本 菅沼ひろ子
子どもの誕生・妊娠・出産と「そなえ」-インドネシアの伝統的産婆と儀礼 竹下夏美
家族は義務?それとも魅力的な商品なのか?-アメリカ バーバラ・カッツ・ロスマン, 松岡 悦子
生理的な出産と人類-ドイツの現場から ウルフ・シーヘンヒューベル, 松岡 悦子
産むのは女性?それとも医師?-ハンガリー 松岡 悦子
産後が何より大事-韓国の産後調理院 松岡 悦子
産後の儀礼と産婆 出産した女性を祝う儀礼-パラオ 安井眞奈美
産後の養生「坐月子」-中国 姚毅
産後養生と出産をめぐる環境-ラオス 嶋澤恭子
看護学生の出産見聞記-スウェーデン 谷本眞樹
福祉国家の妊娠・出産-フィンランド ピア・リルェルート, 松岡 悦子
精子提供・卵子提供・代理出産と生殖ツーリズム-日本からアメリカ、そしてアジアへ 白井千晶
紛争が続く国での出産事情:安全な「お産」への道のり-アフガニスタン 藤田則子
赤ちゃんポストをめぐって-ヨーロッパと日本 阪本恭子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想