メディアと日本人 : 変わりゆく日常

橋元良明 著

テレビ、ラジオ、新聞、インターネット、書籍・雑誌、携帯電話-。日本人はメディアをどのように受容し、利用しているのか。実証的に検討し、メディア界の構造転換を明らかにする。「テレビ離れ」「読書離れ」は本当か?ケータイ、ネットが若者のメンタリティーに与えた影響は?日米のメディア研究の動向も紹介したメディア論の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 日本人はメディアをどう受け入れてきたか(近代日本人の情報意識
  • 新聞の発刊と普及 ほか)
  • 2章 メディアの利用実態はどう変わったか-一九九五年〜二〇一〇年(メディア激変の一五年
  • テレビ ほか)
  • 3章 メディアの「悪影響」を考える-テレビとインターネットをめぐる研究(メディアに対する"ネオフォビア(新規恐怖)"
  • メディアと暴力 ほか)
  • 4章 ネット世代のメンタリティー-ケータイ+ネットの魅力(「デジタルネイティブ」と「ネオ・デジタルネイティブ」
  • どのようなメンタリティーを持っているのか ほか)
  • 終章 メディアの未来にむけて(ネットはテレビを侵蝕しているか
  • 「時間代替」と「機能代替」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアと日本人 : 変わりゆく日常
著作者等 橋元 良明
書名ヨミ メディア ト ニホンジン : カワリユク ニチジョウ
シリーズ名 岩波新書 新赤版1298
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.3
ページ数 195, 12p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431298-7
NCID BB0516889X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21921775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想