ヘレニズム文明

フランソワ・シャムー 著 ; 桐村泰次 訳

ギリシア文明にとっては先輩であるメソポタミア文明やエジプト文明、ヒッタイト文明をはるか以前から生み出していた世界の人々を包含したのが、アレクサンドロス大王が築いた帝国であり、後継候補である君主たちの王国であった。そこに、ヘレニズム文明がコスモポリタン的文明に変わらざるを得なかった理由がある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アレクサンドロスの世界統治
  • 第2章 ディアドコイ(後継者)たちの争い
  • 第3章 ヘレニズム諸王国の絶頂期
  • 第4章 引き裂かれ征服されたオリエント
  • 第5章 ヘレニズム世界の苦悶
  • 第6章 都市の存続
  • 第7章 君主制システム
  • 第8章 生活の枠組と慣習
  • 第9章 魂の欲求
  • 第10章 精神生活と芸術における飛躍

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘレニズム文明
著作者等 Chamoux, François
桐村 泰次
Chamoux Francois
シャムー フランソワ
書名ヨミ ヘレニズム ブンメイ
書名別名 La civilisation hellenistique
出版元 論創社
刊行年月 2011.3
ページ数 583p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8460-0840-6
NCID BB05167467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21909185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想