寿永・元暦の合戦と英雄像

渡辺達郎 著

源義仲、平宗盛、源義経の三人に焦点。義仲追討戦、一ノ谷合戦、屋島の合戦に関する考察。人物論では、英雄像の是非やそれとの関連性を主な焦点とし、そこから見た源平決戦終盤の諸合戦の真相に迫る。人物論を縦糸とし、合戦経過を横糸として、平安末期、動乱の時代の最終局面、転換点の模様を繰り出そうとする試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 忘れられた源義仲像(義仲最期の日の再認識
  • 義仲最期の紆余曲折)
  • 第2章 平宗盛論-『吾妻鏡』所収平宗盛「返状」を基軸として(『吾妻鏡』平宗盛「返状」再考
  • 平宗盛の本質的理解)
  • 第3章 源義経-英雄像の原点(義経登場戦再考
  • 一ノ谷合戦戦略中の義経
  • 屋島の合戦前後以降の義経)
  • 付論 『平家物語』紺掻説話の考察-源頼朝本懐成就の言説を巡って

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寿永・元暦の合戦と英雄像
著作者等 渡辺 達郎
書名ヨミ ジュエイ ゲンリャク ノ カッセン ト エイユウゾウ
書名別名 Juei genryaku no kassen to eiyuzo
出版元 冬至書房
刊行年月 2011.1
ページ数 334p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88582-175-2
NCID BB05146682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21892858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想