風景という知 : 近代のパラダイムを超えて

オギュスタン・ベルク 著 ; 木岡伸夫 訳

ベルク風景論最上のエッセンス!-美しい風景を蘇らせるために。いつの時代にも生きられていた風景の確かな趣味、近代の主客二元論が置き去りにしてきた"風景という知"を、いかにして取り戻すか。この"小さな風景の物語"には、そのための貴重な手がかりが込められている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史のうねり
  • 第2章 大地はひとりでに
  • 第3章 三月三日
  • 第4章 彼らには見るすべがない
  • 第5章 すべては物質を有しながら精神に向かう
  • 第6章 語られる以前の曖昧な事柄
  • 付言 近代を超克したいと願う人のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風景という知 : 近代のパラダイムを超えて
著作者等 Berque, Augustin
木岡 伸夫
ベルク オギュスタン
書名ヨミ フウケイ ト イウ チ : キンダイ ノ パラダイム オ コエテ
書名別名 La pensee paysagere
出版元 世界思想社
刊行年月 2011.4
ページ数 119p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7907-1514-6
NCID BB05128501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21919843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想