青年の社会的自立と教育 : 高度成長期日本における地域・学校・家族

橋本紀子, 木村元, 小林千枝子, 中野新之祐 編

産育と教育の激変期に生きた青年たちの諸相。経済構造の大変動により、地域差をもちながら、出産・育児、教育の構造が変貌した高度成長期。そのなかで社会へと向かう青年、その家族、また教師の取り組みを口述史料から捉え返し、"生きられた歴史"を描き出す。「青年の自立と教育」の社会史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「青年の自立と教育」の社会史を目指して
  • 第1部 高度成長期における"学校から職業社会への移行"(高度成長期の社会と教育
  • 学校から職業社会への移行の諸相)
  • 第2部 進路選択の実際-農村と都市(農村社会における"学校から職業社会への移行"-秋田の「集団就職」
  • 昼間二交代定時制課程を生きた少女たち-愛知県立起高等学校)
  • 第3部 進路指導をめぐる実践と理論の諸相(過疎化と地域産業の盛衰のなかでの進路選択-京都府奥丹後
  • 高度成長期の中学校における「進路指導」問題-全国進路指導研究会に参加した教師たちの実践に即して)
  • 第4部 家族の子育て意識と教育(日本における受胎調節運動と「子ども二人」の家族像
  • 家族計画運動と炭鉱労働者家族の子ども観 ほか)
  • 戦後日本の青年と教育-多様な経験の実相

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青年の社会的自立と教育 : 高度成長期日本における地域・学校・家族
著作者等 中野 新之祐
小林 千枝子
木村 元
橋本 紀子
書名ヨミ セイネン ノ シャカイテキ ジリツ ト キョウイク : コウド セイチョウキ ニホン ニ オケル チイキ ガッコウ カゾク
出版元 大月書店
刊行年月 2011.2
ページ数 363, 2p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-272-41213-6
NCID BB05094319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21903549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想