いま宗教にできること、できないこと

三土修平 著

誰でも持っている宗教感覚で、"当たり前の生活"を取り戻せる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「宗教的なもの」の存在理由(「世俗化論」では割り切れない宗教への関心
  • オウム真理教事件と「理性の復権」論 ほか)
  • 第2章 葬式仏教のゆくえ(尾張の国熱田の裁断橋の話
  • 今どきのお坊さんの歯切れの悪さ ほか)
  • 第3章 「無名の宗教」への期待(雨の日には雨の中を、風の日には風の中を
  • 現世を超えたレベルの存在とのかかわり ほか)
  • 第4章 克服したい両極端の祭政一致(「聖」なる次元と「俗」なる次元
  • 宝くじは燃やしてしまえ ほか)
  • 第5章 宗教者は社会にどうかかわるべきか-特に死刑存廃問題との関連で(戦争協力教学への反省
  • 平和憲法路線への鞍替えだけで済むか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いま宗教にできること、できないこと
著作者等 三土 修平
書名ヨミ イマ シュウキョウ ニ デキル コト デキナイ コト
出版元 現代書館
刊行年月 2011.2
ページ数 214p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7684-5653-8
NCID BB05087095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21898817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想