家族の歌 : 河野裕子の死を見つめた344日

河野裕子, 永田和宏, 永田淳, 永田紅, 植田裕子 著

ガンにたおれた妻であり、母である河野裕子と家族が詠んだ歌とエッセー63編。息を引き取るまで、互いの心に手をのべ、絆を確認し合った歌人一家、感涙のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「うん、もうこれでいい」(歌なら本音がいえるから
  • 日々を積み重ねる家
  • 時間の記憶を携えて ほか)
  • 「うちはね、いい家族だと思うのよ」(ごはん
  • ビール1缶分の"事件"
  • 連歌 ほか)
  • 「お茶にしようか」(あの一言
  • 暗い場所
  • モラトリアムの秋 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族の歌 : 河野裕子の死を見つめた344日
著作者等 永田 和宏
永田 淳
河野 裕子
植田 裕子
永田 紅
書名ヨミ カゾク ノ ウタ : カワノ ユウコ ノ シ オ ミツメタ 344カ
出版元 産経新聞 : 日本工業新聞社
刊行年月 2011.2
ページ数 185p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8191-1122-5
NCID BB05076270
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21893658
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想