言語意識と社会 : ドイツの視点・日本の視点

山下仁, 渡辺学, 高田博行 編著

[目次]

  • 第1部 言語意識を照らし出す(言語意識とアコモデーション-「外国人」「車いす使用者」の視座からみた「過剰適応」
  • 漢字圏における受動的多言語使用
  • 私たちはどのように言語を管理するのか
  • 言語学と言語意識-日本にはいくつの言語があるか
  • 「第2言語」から見たドイツと日本の言語意識-移民に対する言語教育を中心に)
  • 第2部 言語意識をさかのぼる(言語の隠蔽機能-言語意識と批判的談話分析について
  • 国語国字問題のなかのドイツ語史-なぜドイツの言語事情が参照されたのか
  • 言語学史に占めるフンボルトの位置-ガーベレンツ、コセリウを参照して
  • 人々の集まり・相互行為・認知-ことばと共有性
  • 言語意識と文化分析の言語学-Sprachbewusstsein und kulturanalytische Linguistik)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語意識と社会 : ドイツの視点・日本の視点
著作者等 山下 仁
渡辺 学
高田 博行
書名ヨミ ゲンゴ イシキ ト シャカイ : ドイツ ノ シテン ニホン ノ シテン
書名別名 Gengo ishiki to shakai
出版元 三元社
刊行年月 2011.2
ページ数 287p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88303-282-2
NCID BB05065172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21960181
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想