古事記の文字世界

矢嶋泉 著

"古事記の文字世界"は文字と言葉に対する深い洞察と思索の上に成り立つ。現代の論理に完全に重なるわけではない固有の論理と構造の解明を通じて、編纂論・成立論に実証的な光をあて、研究の新たな可能性を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 統一と不統一と
  • 第1章 古事記研究史のひずみ(『日本書紀』の鏡像-本居宣長の古事記観
  • 和銅五年の序
  • 『古事記』の歴史叙述)
  • 第2章 記述のしくみ(記述方針の採択
  • 音訓交用の前提
  • 音仮名の複用-非‐主要仮名を中心に ほか)
  • 第3章 記述の様態(訓注・以音注の施注原理-「下效此」の観察を通じて
  • 以音注の形式
  • 接続語の頻用 ほか)
  • 終章『古事記』論の可能性-統一と不統一を越えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古事記の文字世界
著作者等 矢嶋 泉
書名ヨミ コジキ ノ モジ セカイ
書名別名 Kojiki no moji sekai
シリーズ名 古事記
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2011.3
ページ数 414, 11p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-08524-3
NCID BB05052920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21902169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想