原爆被爆者三世代の証言 : 長崎・広島の悲劇を乗り越えて

澤田愛子 著

その記憶や心の傷は、世代を越えて、どう継承されていくのか。ホロコースト生還者の心理社会的影響の世代間研究にならい行われた、日本で初めての被爆者三世代インタビューとその考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ被爆三世代に注目するのか(なぜ私は被爆三世代の聞き取りを始めたのか
  • 被爆の影響の世代間研究の意義
  • 被爆者を取り巻く心理社会的問題-リフトンの知見を中心に
  • リフトンによる被爆者の五つの心理的問題(心理的特徴))
  • 第2章 インタビューの実施:プロセスと方法(難航を極めたインタビュー対象者の獲得プロセス
  • わが国を霧のように被う「沈黙」の問題
  • インタビューの実施方法
  • どんな点に注目しながら各談話を読んでほしいか)
  • 第3章 被爆三世代のメッセージ(山野三世代のメッセージ
  • 内田三世代のメッセージ
  • 山本三世代のメッセージ)
  • 第4章 全体のまとめと提言
  • 巻末資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原爆被爆者三世代の証言 : 長崎・広島の悲劇を乗り越えて
著作者等 沢田 愛子
書名ヨミ ゲンバク ヒバクシャ 3セダイ ノ ショウゲン : ナガサキ ヒロシマ ノ ヒゲキ オ ノリコエテ
出版元 創元社
刊行年月 2011.2
ページ数 342p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-422-30041-2
NCID BB0503825X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21925146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想