国民主権と法人理論

時本義昭 著

[目次]

  • 序章 国家法人説から法人理論へ(わが国の戦後の憲法学界における国民主権論
  • カレ・ド・マルベールとドイツ国法学)
  • 第1章 一九世紀後半のドイツ国法学と国家法人説(ゲルバーにおける国家の法人格と機関
  • ラーバントとギールケの論争 ほか)
  • 第2章 ミシュウの法人論(フランスにおける法人論争
  • 組織体説 ほか)
  • 第3章 カレ・ド・マルベールの国民主権論(法実証主義
  • 国民主権の原理と国家の法人格 ほか)
  • 終章 国家権力の行使を抑制する原理としての国民主権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国民主権と法人理論
著作者等 時本 義昭
書名ヨミ コクミン シュケン ト ホウジン リロン : カレ ド マルベール ト コッカ ホウジンセツ ノ カカワリ
書名別名 カレ・ド・マルベールと国家法人説のかかわり
出版元 成文堂
刊行年月 2011.2
ページ数 336p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-0503-1
NCID BB0501318X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21903478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想