資本主義はどこへ向かうのか : 内部化する市場と自由投資主義

西部忠 著

格差拡大、自殺者増加、孤独死、幼児虐待などに象徴されるように、いま私たちの社会に多くの暗く重い問題がたちこめている。これらは、主に経済領域に起源を持ちながら、それが徐々に価値や倫理の領域を侵食してきた結果といえよう。グローバリゼーションという現象が、あらゆる境界や制約を越えて、あらゆるモノの売買と投資を推進し、私たちの行動とメンタリティをも変えていったのである-。市場の内部化、資本主義の究極としての自由投資主義など、全く新たな視角から資本主義市場経済を批判的に解明し、そこから決定的な貨幣論が展開される画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 グローバリゼーションと市場の内包的深化(心の豊かさと物の豊かさ
  • コミュニティの衰退とグローバリゼーション ほか)
  • 第2章 社会主義はなぜ不可能なのか、資本主義はなぜ強いのか(資本主義をいかなるものとしてとらえるか
  • 市場社会主義論と一般均衡理論 ほか)
  • 第3章 貨幣と自律分散型市場(貨幣をとらえなおす
  • 貨幣とは何か ほか)
  • 第4章 市場の内部化と資本主義経済の進化(経済理論はどう評価されるか
  • 三つの経済調整方法 ほか)
  • 第5章 コミュニケーション・メディアとしての貨幣(貨幣の本質
  • 貨幣の未来 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本主義はどこへ向かうのか : 内部化する市場と自由投資主義
著作者等 西部 忠
書名ヨミ シホン シュギ ワ ドコ エ ムカウノカ : ナイブカスル シジョウ ト ジユウ トウシ シュギ
書名別名 Shihon shugi wa doko e mukaunoka
シリーズ名 NHKブックス 1173
出版元 NHK
刊行年月 2011.2
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091173-0
NCID BB04999409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21902627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想