開発政治学入門 : 途上国開発戦略におけるガバナンス

木村宏恒, 近藤久洋, 金丸裕志 編

本書は、開発途上国のガバナンスをより広く開発政治学としてとらえ、開発経済学、開発社会学と並ぶ国際開発学の3大学問領域の1つとして、その体系化を試みたものである。開発と国家、開発と民主主義、開発援助とガバナンス支援を柱に、本書を構成している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 途上国開発戦略と開発政治学の意義
  • 第1部 開発と国家(有効な国家とガバナンス:国家の対応能力構築と公共政策
  • 民主的ガバナンスと経済成長・貧困削減
  • 開発と国家:多様な国家・政治・制度
  • 汚職対策の開発への影響)
  • 第2部 開発と民主主義体制の構築(民主化の条件:移行と定着
  • 多民族国家における国民統合と民主化
  • 政党政治と民主主義の定着
  • 新中間層、市民社会、NGO
  • ローカル・ガバナンスの理想と現実)
  • 第3部 開発援助とガバナンス支援(開発援助とガバナンス
  • 民主化支援の実態
  • 平和構築支援とガバナンス
  • 人間の安全保障をめぐる論議と日本外交)
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開発政治学入門 : 途上国開発戦略におけるガバナンス
著作者等 木村 宏恒
近藤 久洋
金丸 裕志
書名ヨミ カイハツ セイジガク ニュウモン : トジョウコク カイハツ センリャク ニ オケル ガバナンス
書名別名 Introduction to Development Politics

Kaihatsu seijigaku nyumon
シリーズ名 勁草テキスト・セレクション
出版元 勁草書房
刊行年月 2011.2
ページ数 367p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-326-50344-5
NCID BB04985663
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21903296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想