十字軍全史 : 聖地をめぐるキリスト教とイスラームの戦い

新人物往来社 編

エルサレムは、どれだけ血を欲するのか?ふたつの進行が繰り広げた死闘。エルサレムをめぐるキリスト教とイスラームの戦い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 十字軍結成(ビザンツ帝国の危機
  • クレルモン教会会議
  • 民衆十字軍
  • 第一回十字軍
  • 十字軍国家の誕生
  • シリアの混迷
  • 十字軍国家の繁栄)
  • 第2部 二人の英雄(エデッサ陥落
  • 第二回十字軍
  • ヌールッディーン
  • サラーフッディーン
  • エルサレム奪還
  • エルサレム王国の動揺
  • 第三回十字軍)
  • 第3部 拡大する十字軍(第四回十字軍
  • ジャン・ド・ブリエンヌ
  • フリードリヒ二世
  • 聖王出陣
  • モンゴル襲来
  • 聖王二度目の十字軍
  • マムルーク朝の興隆
  • 十字軍国家の滅亡)
  • 第4部 十字軍の終焉(コンスタンティノープル陥落
  • グラナダ攻略
  • ロードス島攻防戦
  • レパントの海戦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十字軍全史 : 聖地をめぐるキリスト教とイスラームの戦い
著作者等 新人物往来社
書名ヨミ ジュウジグン ゼンシ : セイチ オ メグル キリストキョウ ト イスラーム ノ タタカイ
シリーズ名 ビジュアル選書
出版元 新人物往来社
刊行年月 2011.1
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-404-03962-0
NCID BB04962930
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21904674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想