変貌する清盛 : 『平家物語』を書きかえる

樋口大祐 著

おごる平家は久しからず-犯した悪行の因果で滅んだとされる平清盛。悪人としてのイメージはどのように創られてきたのか。『平家物語』や同時代の物語・日記から国定教科書、現代小説まで、変貌する清盛像を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 子どもたちの清盛-プロローグ
  • 同時代人にとっての清盛
  • 『平家物語』の中の清盛
  • 検非違使文学としての『平家物語』
  • 変貌する清盛
  • 『平家物語』を書きかえる
  • 海港都市と「清盛の子どもたち」の系譜-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変貌する清盛 : 『平家物語』を書きかえる
著作者等 樋口 大祐
書名ヨミ ヘンボウスル キヨモリ : ヘイケ モノガタリ オ カキカエル
シリーズ名 平家物語 315
歴史文化ライブラリー 315
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2011.3
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05715-8
NCID BB04961701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21902736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想