富士登山と熱海の硫黄温泉訪問

ラザフォード・オールコック 著 ; 山本秀峰 編・訳

開国日本の難局に、初代英国公使は何を見て、考え、行動したのか!東海道・富士登山・熱海への旅で体験した日本の自然風土、人々の生活。ヴィクトリア期知識人の鋭い社会科学の視点で見た幕末日本の政治・経済。オールコック富士登山記最初の公刊記録を完訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「パラドックス」の国-日本の文明・国民性・自然・風習
  • 富士登山-その目的と幕府の対応
  • 東海道-街道・宿場・小田原・箱根・三島・吉原
  • フジヤマへ-大宮・村山・山中泊・頂上へ・日本人の巡礼
  • 熱海温泉-三島から熱海へ・硫黄温泉・農漁村の生活
  • 日本の農産物・鉱物・気候
  • 日本の開国・貿易

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 富士登山と熱海の硫黄温泉訪問
著作者等 Alcock, Rutherford
Alcock, Rutherford, Sir
山本 秀峰
オールコック ラザフォード
書名ヨミ フジ トザン ト アタミ ノ イオウ オンセン ホウモン : 1860ネン ニホン ナイチ ノ リョコウ キロク
書名別名 Narrative of a journey in the interior of Japan,ascent of Fujiyama,and visit to the hot sulphur-baths of Atami,in 1860

1860年日本内地の旅行記録
出版元 露蘭堂 : ナウカ出版営業部
刊行年月 2010.12
ページ数 163p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-904059-51-7
NCID BB0495520X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21869582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想