なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか

牧野知弘 著

倒産する会社、しない会社は、どこが違うのか?知れば知るほど奥の深い土地と不動産の摩訶不思議なカラクリ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ふたたび「危機」といわれる不動産業(またぞろ聞く「バブル崩壊」と「不動産会社の倒産」
  • つぶれてしまった不動産会社とは、どんなところか ほか)
  • 第1章 不動産で儲ける2つの道(なぜ、日本人は「土地」が好きなのか?
  • 土地はスピリチュアルな存在 ほか)
  • 第2章 不動産投資は、ギャンブルなのか?(「買って売る」のが大好きなギャンブラーたち
  • 不動産は利幅が大きく、参入障壁の低いフリーマーケット ほか)
  • 第3章 なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか?(ある不動産屋の一日
  • 町の「おじさん不動産屋」はつぶれない ほか)
  • 第4章 「サラリーマン大家さん」のススメ(あなたの周りにもいる「不動産でラクラク」な勤め人
  • サラリーマン大家さんになるための心構え ほか)
  • 第5章 「土地は裏切らない」ということを、もう一度考えよう(土地は動かせるものではない
  • 土地は、なくならない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか
著作者等 牧野 知弘
書名ヨミ ナゼ マチ ノ フドウサンヤ ワ ツブレナイノカ
書名別名 Naze machi no fudosan'ya wa tsuburenainoka
シリーズ名 祥伝社新書 228
出版元 祥伝社
刊行年月 2011.2
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11228-8
NCID BB04951559
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21895734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想