明治維新と横浜居留地 : 英仏駐屯軍をめぐる国際関係

石塚裕道 著

一九世紀後半の横浜に一〇年余り駐留したイギリス・フランスの軍隊-。急変する国際関係のもとで、外国軍隊が与えた影響とは。欧米間の牽制と協調、日本側の不信と友好関係が渦巻く明治維新史を"地球規模"で読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 一九世紀後半、幕末開港と横浜居留地から見た国際空間(「東洋のマルセイユ」(横浜)港が変わる-国際兵器取引市場と外国商人
  • 英仏軍の横浜上陸と山手"占領"-植民地兵も動員 ほか)
  • 2 史上最初の対欧米国際戦争-横浜は"下関戦争"への出撃・補給基地(アームストロング砲と長州藩の応戦-「敗戦条約」と彦島保障占領問題
  • 「植物地化の危機」について-「軍事的プレゼンス」の役割)
  • 3 下関海峡と対馬海峡-日本近海で、また"クリミヤ戦争"か(対馬事件とは…-露・英両帝国の対立
  • 氷雪の沿海州から外洋を望む三つの窓-対馬海峡は東シナ海への通路)
  • 4 戊辰戦争は日本の"南北戦争"-横浜‐箱館‐新潟の各港を結ぶ「点と線」(諸藩洋式兵器の質と量-東奔西走の密貿易商「平松武兵衛(H・スネル)」
  • "謎のドイツ人(R.ガルトネル)"-内乱の「蝦夷島」(北海道)を"開拓")
  • 5 明治新政府と横浜英仏駐屯軍の撤退-なにが残ったか(幕府とフランス兵制-薩摩藩軍隊のモデルは英駐屯軍
  • 普仏戦争と兵部省-兵制のゆくえ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治維新と横浜居留地 : 英仏駐屯軍をめぐる国際関係
著作者等 石塚 裕道
書名ヨミ メイジ イシン ト ヨコハマ キョリュウチ : エイフツ チュウトングン オ メグル コクサイ カンケイ
書名別名 Meiji ishin to yokohama kyoryuchi
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2011.3
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-08051-4
NCID BB04943925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21902275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想