甲骨文字小字典

落合淳思 著

現在われわれが日常的に使っている文字「漢字」は、その源流を古代中国の「甲骨文字」に持つ。その字形や意味は、驚くべきことに現代日本の漢字とつながっており、その原初の姿を尋ねることで、自分たちの文字により豊かに接することができるのだ。本書では、甲骨文字にも多く原形が見られ、日本語の基礎ともなっている教育漢字三百余字を収録。漢字文化を愛する人の必携書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 甲骨文字と殷王朝
  • 第2章 甲骨文字の構造
  • 第3章 人の姿を元にした文字
  • 第4章 人体の一部を元にした文字
  • 第5章 自然物を元にした文字
  • 第6章 動植物やその一部を元にした文字
  • 第7章 武器・礼器を元にした文字
  • 第8章 武器・礼器以外の道具を元にした文字
  • 第9章 その他の文字
  • 第10章 元が何か分からない文字

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 甲骨文字小字典
著作者等 落合 淳思
書名ヨミ コウコツ モジ ショウジテン
シリーズ名 筑摩選書 0013
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.2
ページ数 348p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01509-9
NCID BB04941067
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21907763
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想