プロアナウンサーの「伝える技術」

石川顕 著

アナウンサーはなぜ人前で淀みなくしゃべれるのか?プロは一分あれば、臨機応変に場の空気を読みながら気のきいた話ができる。特別な才能が必要なのだろうか。じつはちょっとしたテクニックとコツさえわかれば、朴訥だけにかえって人の心を打つ感動スピーチはだれでも可能なのだ。とちらないためには、あがらないためには、つかみ、敬語、発声法、身振り手振り、"間"のとり方、話のメリハリ…。スポーツ実況の先駆けにして、現在は「リピート率日本一」と称される講演の名手が、伝わるスピーチ・プレゼン術を伝授する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いい声はだれでも出せる
  • 第2章 話術は「間術」である
  • 第3章 スピーチ・プレゼン達人術
  • 第4章 「つかみ」の極意
  • 第5章 これはNGフレーズです
  • 第6章 日本語の力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プロアナウンサーの「伝える技術」
著作者等 石川 顕
書名ヨミ プロ アナウンサー ノ ツタエル ギジュツ
シリーズ名 PHP新書 717
出版元 PHP研究所
刊行年月 2011.3
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-79550-8
NCID BB04931857
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21899435
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想