相模武士  第2巻

湯山学 著

全国の戦国大名のルーツともなった全115の武士団。その氏族ごとの系譜・歴史・史蹟から没落までの盛衰を文献資料やフィールドワークを駆使し初めて明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 源氏譜代の家人・三浦氏の系譜
  • 源頼朝の挙兵に参加した三浦大介義明とその一族
  • 鎌倉幕府設立に尽力し"宿老"となった三浦義澄
  • 木曽義仲の敗死と佐原義連の"鵯越えの坂落とし"
  • 義明の兄弟が称した芦名・津久井氏と和田義盛
  • 義澄の弟、大多和・多々良氏と系図に見えない武氏
  • 三浦郡中央に繁延した長井・杜戸・佐野氏
  • 武蔵国・越後国に進出した平子氏
  • 奥州合戦の勲功により会津を領した佐原氏
  • 佐原氏・和田氏による別格大寺院の造営
  • 大仏師運慶が造ったとされる仏像と三浦一族
  • 鎌倉幕府内で重用された佐原氏一族
  • 三浦惣領家に与えられた鎌倉党の元所領
  • 三浦和田氏による六浦領有と上野和田氏
  • 鎌倉党の衰退と三浦党の繁栄-まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相模武士
著作者等 湯山 学
書名ヨミ サガミ ブシ : ゼンケイフ ト ソノ シセキ
書名別名 三浦党 : 三浦氏・杉本氏・和田氏・高井氏・由井氏・荏柄氏・矢部氏・山口氏・林氏・大津氏・三戸氏・大多和氏・多々良氏・長井氏・森戸氏・佐原氏・芦名氏・佐野氏・岡崎氏・野比氏・横須賀氏・走水氏・宮田氏・津久井氏・桑原氏・二宮氏・平塚氏・秋庭氏・石田氏・木曽氏・平佐古氏・真田氏・土屋氏・舞岡氏

全系譜とその史蹟

Sagami bushi
巻冊次 第2巻
出版元 戎光祥
刊行年月 2011.1
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86403-013-7
NCID BB04930402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21950030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想