ゲバルト時代 : Since 1967~1973

中野正夫 著

1967年から6年間、著者は末端活動家として常に現場にいた。それは、羽田闘争から東大安田講堂の攻防、三里塚闘争を経て連合赤軍のリンチ殺人事件まで、日本中が「熱く、激しく、燃えた」季節だった。うなる警棒、飛び交うガス弾、絡み合うゲバ棒に囲まれる日常。そして革命幻想と現実の間で揺れる心理、「塀の中」の体験など、疾風怒涛の時代の極私的ドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 衝撃のゲバルトデビュー
  • 第1章 サヨク少年の高校時代
  • 第2章 浪人生、ベ平連に出入りする
  • 第3章 旗揚げ、高校生反戦闘争委員会
  • 第4章 全共闘、大いに名をあげる
  • 第5章 そして東大安田講堂
  • 第6章 ゲバルトの真打ち、赤軍派登場
  • 第7章 ヘタレ、赤軍派からトン走する
  • 第8章 三島由紀夫、切腹する
  • 第9章 「革命ごっこ」の終焉、連合赤軍リンチ殺人
  • 第10章 逮捕、ブタ箱に入る
  • 第11章 檻の中のあまり優雅でない生活
  • エピローグ グッドバイ「あの頃」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲバルト時代 : Since 1967~1973
著作者等 中野 正夫
書名ヨミ ゲバルト ジダイ : Since 1967 1973
シリーズ名 ちくま文庫 な42-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.2
ページ数 475p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42789-2
NCID BB04929855
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21906679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想