歌謡曲 : 時代を彩った歌たち

高護 著

日本に生まれたポピュラー音楽「歌謡曲」。それは誰が、どのように作り、どう歌われたものだったのか。時代を象徴するヒット曲を手がかりに、作詞家、作曲家、編曲家、歌手の各側面から、その魅力の源泉に迫る。制作の背景、楽曲・歌唱の音楽的分析、作品の与えた影響など、初めて書かれる本格的ディスコグラフィである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 戦前・戦後の歌謡曲
  • 第1章 和製ポップスへの道-1960年代(新たなシーンの幕開け
  • カヴァーからのはじまり
  • 青春という新機軸
  • ビート革命とアレンジ革命
  • 新しい演歌の夜明け)
  • 第2章 歌謡曲黄金時代-1970年代(歌謡曲の王道
  • アイドル・ポップスの誕生
  • 豊饒なる演歌の世界
  • 阿久悠の時代)
  • 第3章 変貌進化する歌謡曲-1980年代(シティ・ポップスの確立
  • 演歌〜AOR歌謡の潮流
  • アイドルの時代)
  • 終章 90代年の萌芽-ダンス・ビート歌謡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌謡曲 : 時代を彩った歌たち
著作者等 高 護
書名ヨミ カヨウキョク : ジダイ オ イロドッタ ウタタチ
書名別名 Kayokyoku
シリーズ名 岩波新書 新赤版1295
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.2
ページ数 233, 8p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431295-6
NCID BB04906849
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21906692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想