古典解釈の愉悦 : 平安朝文学論攷

久保朝孝 著

連環する古典"解釈"の醍醐味。平安朝文学諸作品を舞台に繰り広げられる、精神的愉悦としての"解釈"作業の到達点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本編(伊勢物語の悲恋-許されざる恋と別れ
  • 伊勢物語の殉愛-再会とみやび返し
  • うつほ物語の方法-「俊蔭」巻の展開
  • 源氏物語の女房「断章」-末摘花をめぐる端役の機能 ほか)
  • 付編(紫式部日記「断想」
  • 源氏物語「断想」
  • 女流作家の肖像(和泉式部
  • 紫式部)
  • 紫式部伝記研究の現在 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古典解釈の愉悦 : 平安朝文学論攷
著作者等 久保 朝孝
書名ヨミ コテン カイシャク ノ ユエツ : ヘイアンチョウ ブンガク ロンコウ
出版元 世界思想社
刊行年月 2011.1
ページ数 380p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7907-1509-2
NCID BB04903217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21919793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想