フィデル・カストロ  上

フィデル・カストロ [述] ; イグナシオ・ラモネ 著 ; 伊高浩昭 訳

国際政治の舞台に残る最後の"聖なる怪物"が、著名ジャーナリストとの100時間余におよぶ火花散る対話の中で、その"大河的人生"を語りつくす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに フィデルとの一〇〇時間
  • ある指導者の幼少時代
  • ある反逆者の鍛造
  • 政治への参加
  • モンカダ兵営襲撃
  • 革命の来歴
  • 「歴史は私に無罪を証明するだろう」
  • チェ・ゲバラ
  • マエストラ山脈で
  • ゲリラの教訓
  • 革命初期の過程と問題
  • 陰謀の始まり
  • ヒロン浜侵攻事件
  • 一九六二年一〇月危機
  • チェ・ゲバラの死
  • キューバとアフリカ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィデル・カストロ
著作者等 Castro, Fidel
Ramonet, Ignacio
伊高 浩昭
ラモネ イグナシオ
書名ヨミ フィデル カストロ : ミズカラ カタル カクメイカ ジンセイ
書名別名 Fidel Castro

みずから語る革命家人生

Fideru kasutoro
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.2
ページ数 388p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024659-0
NCID BB04902509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21907861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想