自由主義とイギリス帝国 : スミスの時代からイラク戦争まで

竹内幸雄 著

19世紀初頭から現在に至るまでの自由主義と帝国の関係とはいかなるものか。本書は、17、18世紀の重商主義時代にさかのぼり、経済史・政治史・思想史等の視点もふまえて、従来の議論を批判的に再検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自由主義と帝国
  • 自由主義帝国の現代-イラク戦争
  • 自由と帝国論の前史-「海の帝国論」と「重商主義」
  • 植民改革論と古典派経済学
  • 進歩的専制支配論-功利主義と植民地統治
  • 自由貿易の帝国主義とコブデン主義
  • レセフェールと国家干渉-アイルランド飢饉
  • 一九世紀後半の自由主義と帝国
  • ホブスンの反帝国主義と「帝国主義」
  • 自由主義帝国の実践-コンゴ改革運動
  • 「自由主義帝国」論とインド飢餓
  • ジョージ・オーウェルの反帝国主義と「帝国主義」
  • イラク戦争開始の理論-自由主義と大量破壊兵器

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自由主義とイギリス帝国 : スミスの時代からイラク戦争まで
著作者等 竹内 幸雄
書名ヨミ ジユウ シュギ ト イギリス テイコク : スミス ノ ジダイ カラ イラク センソウ マデ
書名別名 Jiyu shugi to igirisu teikoku
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 91
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2011.2
ページ数 345, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05971-3
NCID BB04899142
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21899186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想